FLEECE
QUICK DRY
THERMOREGULATION / INSULATION
BLUESIGN
RECYCLED

テクノパイル リサイクルボトル

最近のデータによれば48万トンのPET(ペットボトルに使用されるプラスチック)のうち、14万トンしか回収されていません。残りは埋め立てられているのです。
今日では、技術の進歩によってプラスチックから最先端の生地を得ることが可能だということを知らない方も居ることでしょう。
実際、プラスチックは、多くの人々にとって、地球にとって最も有害な問題のひとつとなりつつあり、また、別な人々にとっては、サステナブルなプロジェクトを進めることが可能な、信じられないようなリソースなのです。
化学或いは工学的な複雑な過程を経て、プラスチックボトルはポリエステルの薄片とされ、溶解することで細粒単位にまで落としこみ、さらに繊維へと成型され、最終的に紡績されるのです。
グローバルな環境インパクトを減らす為、これまで長らく、ポンテトルトは、浜辺や埋立地から回収され、環境に配慮しつつ糸に変換されたリサイクルポリエステルから造られた生地製造を心がけています。