実験的な探求の象徴であり、このラインは現代のファッション用語を表現・表明しているのです。都会的で妥協しないファッションを身に纏うためには完璧なものです。


アバンギャルド・ラインは、未来を描き、先取りした実験を行いながら、時代に合わせたテイストの生地を企画します。驚きのある、平凡ではないリノベーションの探求をし続けるラインです。
ファッションリーダー的存在のアバンギャルド・ジャージーは、興奮と良識双方の拠り所を顧客に提供し続けたいと思っています。これは当社の提案には常に存在するテーマです。
このラインは、最新技術と日々変わる市場のリクエストに調和できることが特徴です。

TOMMY HILFIGER

CHANEL

CHANEL

PUBLIC SCHOOL

素材の効果、マイクロ組織、表面、色:
アバンギャルドとアバンギャルド・ジャージーのラインは、ファッションの流行を先取りしつつ、コレクションごとに、それぞれに特別に語るべきストーリーがあるような、これまでに無い様な生地を作り、独自のスタイルを紹介します。

季節とコレクションの移り変わりの中では、色は常に主役で、タイムレスなグレーベージュ、アイボリー、サンドベージュ、グレーが脇役を務めるのです。糸を選ぶことは大変重要で、エレガントなファンシーを表現するために差別化を意識する必要がありますし、自然素材にルーレックスのようなメタリックヤーンを合わせたものや、リネンとシルクのような自然素材の光沢の光と陰を表現することが求められます。

ポンテトルトの当部門内における実験は、スムースで柔らく、引っかいたようなもしくは不規則な経糸、ジャガードコットンもしくはハニカムの生地、透明感があり、雲のように柔らかい衣類用のキルト生地を創造するための、繊維と仕上げの知識とともに、常に一歩先を前進し、正確な答えのない道を歩んでいます。

絶え間なく、創造性と共に、一歩ずつ前進しています。それは、繊維と整理の知識の融合であり、それによって滑らかでやわらかい生地が生まれ、或いは、毛掻きをしたような、又は、不規則な経糸やコットンジャガード、ハニカム、そして、透け感、雲のように柔らかいドレス用のキルテイングが生まれるのです。